開いているすべての文書を単語で保存して閉じる方法

Wordを使用すると、複数のドキュメントを一度に開くことができます。同時に複数のドキュメントを表示できます。開いているすべてのドキュメントを変更して、それらのドキュメントをすばやく保存して閉じるにはどうすればよいでしょうか?簡単に行うと、私たちはあなたにどのように表示されます。

以前のバージョンのWord(2007以前)では、 “Shift”キーを押しながら “File”メニューをクリックすると、 “Save”コマンドが “Save All”に、 “Close”コマンドが “Close All”に変更されました。バージョン2007以降、Wordのメニューバーはリボンに置き換えられましたが、[ファイル]タブをクリックすると、バックステージ画面で[すべて保存]オプションまたは[すべて閉じる]オプションは使用できません。心配ない。これらの2つのコマンドはWordで引き続き使用できます。クイックアクセスツールバーに「すべて保存」コマンドと「すべて閉じる」コマンドを追加する方法を説明します。

クイックアクセスツールバーに「すべて保存」および「すべて閉じる」コマンドを追加するには、「クイックアクセスツールバー」の右側にある下矢印をクリックし、ドロップダウンメニューから「その他のコマンド」を選択します。

[クイックアクセスツールバー]画面が[Wordオプション]ダイアログボックスに表示されます。 [Choose commands from]ドロップダウンリストから[All Commands]を選択します。

「すべてを保存」コマンドが見つかるまでリストをスクロールダウンして選択し、「追加」をクリックします。

「すべてを保存」コマンドが右側のリストに追加されます。

「すべて閉じる」コマンドを追加するには、左側のコマンドのリストでそのコマンドが見つかるまでスクロールして選択し、「追加」をクリックします。

“すべて閉じる”コマンドが右側のリストに追加されます。

「クイックアクセスツールバー」でコマンドの順序を並べ替える場合は、右側のリストで移動するコマンドを選択し、リストの右側にある上下の矢印をクリックします。

変更が完了したら、[OK]をクリックして変更を確定し、[Wordオプション]ダイアログボックスを閉じます。

「クイックアクセスツールバー」(この記事の冒頭にある画像を参照)で「すべて保存」および「すべて閉じる」コマンドを使用できるようになり、ワンクリックでこれらのコマンドにアクセスできます。

フォルクスワーゲンは、1950年に最初に導入された象徴的なVolkswagen Type 2 Microbusが、1957年9月から2013年12月まで、ブラジルで製造され、56年ぶりの最高性能を発揮した。