smartthingsにサードパーティのデバイスを追加する方法

SmartThingsは独自のセンサとデバイスのラインナップを備えていますが、あらゆる種類のサードパーティ製デバイスと接続することができ、単一のアプリケーションから統一されたコントロールを提供します。

モーションセンサー、ウォーターリークセンサー、開閉センサー、ストリーミングカメラなど、SmartThingsブランドのセンサーやデバイスをSmartThingsハブに接続することができますが、SmartThingsはこれらのデバイスだけではありません。実際には、数多くのサードパーティ製デバイスをSmartThingsに追加し、他のセンサーやデバイスと相互作用させることができます。

Philips Hue、Belkin WeMo、さらにEcobee3のようなスマートサーモスタットは、SmartThingsで制御できる人気のあるスマートデバイスの一部です。フィリップスフエを例にしてセットアップに追加する方法を紹介します。 Philips Hueライトを追加すると、SmartThingsセンサーが作動したときに点灯させるようなことができます。

最初にSmartThingsアプリを開くと、Smart Home Monitor画面が表示されます。一番下の「My Home」タブをタップします。

次に、画面の右上隅にある「+」アイコンをタップします。

一番下のポップアップが表示されたら、[Add a Thing]を選択します。

SmartThingsセットアップに追加する製品に関連するカテゴリを選択します。この場合、「ライト&スイッチ」を選択しています。

「電球」をタップします。

リストから「Philips」を選択します。

私たちは定期的な色合いの電球を設定に追加しますので、 “Philips hue Light Bulb”をタップしてください。

[今すぐ接続]をタップします。

アプリはあなたの色相橋を検索し、それが見つかると(「1が見つかりました」と表示されます)、「色相橋を選択」をタップします。

リストされた色相橋をタップして選択し、右上隅にある「完了」をタップします。

前の画面に戻り、右上隅にある「次へ」をタップします。

次に、あなたの色相橋のボタンを押す必要があります。このボタンは、SmartThingsアプリが通信できるようにハブをペアリングモードにします。

接続が成功したというメッセージが表示されます。 「次へ」をタップします。

その後、「色相球の選択」をタップして、SmartThingsに追加する色相球を選択します。

電球のうちのいくつかだけを選択することができます。あなたが望む球根を選択したら、「完了」をタップします。

前の画面に戻ったときにもう一度「完了」をタップします。

そこから「マイホーム」画面に戻ります。上部の[物事]タブをタップします。

あなたのPhilips Hue電球は、他のSmartThingsセンサーとデバイスとともにリストに表示されます。右側のトグルボタンをタップして、個々の電球をオンまたはオフにすることができます。

もちろん、SmartThingsアプリから色相ライトをオン/オフするだけではなく、さらに多くのことを行うことができます。実際、サードパーティのデバイスをSmartThingsの設定(Philips Hueなど)に追加することの最大のメリットの1つは、SmartThingsモーションセンサーが起動したときにライトをオンにするなどの操作ができることです。これはほんの一例ですが、セットアップに追加するデバイスが多くなればなるほど、ホームオートメーションではより多くのことを行うことができます。

1816年は、今年の火山活動が地球温暖化を引き起こし、春と夏の間に世界中の多くの地域で霜と雪が降ったため、「夏のない年」と広く言われています。