埋め込まれたカスタムプロパティをワードドキュメントに挿入する方法

最近では、Wordドキュメントに高度なプロパティや組み込みプロパティを設定し、カスタムプロパティを作成する方法を紹介しました。これらのプロパティは、フィールドを使用してドキュメントに挿入できます。これは、頻繁に文書で使用する共通の単語、フレーズ、または値がある場合に便利です。

組み込みのプロパティやカスタムプロパティを使用すると、頻繁に使用する共通の単語、フレーズ、値がドキュメントの最初と最後の草案の間で変更される場合に役立ちます。プロパティの値は1か所で変更でき、ドキュメント全体で変更されます。

ビルトインプロパティまたはカスタムプロパティの値をドキュメントに挿入するには、値を挿入する場所にカーソルを置き、[挿入]タブをクリックします。

注:ドキュメントにカスタムプロパティを挿入すると、値のみが挿入されます。プロパティの名前で値を参照する場合は、プロパティの値を挿入する前に、必要なテキストを入力します。

[挿入]タブの[テキスト]セクションで、[クイックパーツ]ボタンをクリックします。

注:Wordウィンドウのサイズに応じて、ボタンのテキストが表示されないことがあります。ボタンの横にテキストが表示されない場合は、下の画像で指摘されているアイコンを探します。

ドロップダウンメニューから[フィールド]を選択します。

[カテゴリ]ドロップダウンリストから[ドキュメント情報]を選択します。

[フィールド名]のリストで、[DocProperty]を選択します。ダイアログボックスの中央にある[フィールドプロパティ]セクションの[プロパティ]リストに、すべてのカスタムプロパティ(組み込みプロパティと追加したプロパティの両方)のリストが表示されます。リストからドキュメントに挿入するカスタムプロパティを選択し、[OK]をクリックします。

値は、カーソルのあるところに挿入されます。

カスタムプロパティの値を変更した場合は、ドキュメント内のすべてのフィールドを選択してF9キーを押すだけで簡単に行えます。フィールドを選択するか、フィールドにカーソルを置き、F9を押すことで、一度に1つのフィールドを更新することもできます。

ジェームズ・ディーンは、銀のスクリーン・アイコンとしての確固たる地位にもかかわらず、3つの映画に出演し、3つの映画でウォーク・オン・マイナーな役割を果たしました。