キーボードを使って単語で番号付きリストを作成する方法

Wordの番号付きリストの作成と削除は、リボンの「番号付け」コマンドを使用すると簡単です。ただし、キーボードの使用を好む場合は、キーボードショートカットを使用して番号付きリストをすばやく作成する方法があります。

番号付きリストを作成するためのコマンドにキーボードショートカットを追加します。これを行うには、リボンの任意の場所を右クリックし、ポップアップメニューから[リボンのカスタマイズ]を選択します。

[リボンとキーボードショートカットをカスタマイズする]画面が[Wordオプション]ダイアログボックスに表示されます。

[キーボードのカスタマイズ]ダイアログボックスの[カテゴリ]リストで[すべてのコマンド]を選択します。

「Commands」リストをスクロールして「FormatNumberDefault」を選択します。

「新しいショートカットキーを押す」エディットボックスにカーソルを置き、番号付きリストを作成するために使用するショートカットキーの組み合わせを押します。私たちはWordの他のものに割り当てられていないので、「Alt + N」を使いました。 [割り当て]をクリックします。

新しいキーボードショートカットが[現在のキー]リストに追加されます。

「Word Options」ダイアログボックス(サブダイアログではありません)で他の変更を行った場合は、「OK」をクリックして変更を受け入れ、ダイアログボックスを閉じます。それ以外の場合は、[キャンセル]をクリックします。

番号付きリスト項目から番号を削除するには、キーボードショートカットをもう一度押すだけです。番号と段落インデントは削除されます。また、段落番号を削除するために “Ctrl + Q”を押すこともできますが、これにより段落がインデントされたままになります。

Wordは自動的に番号付きリストを作成することもできますが、この機能をオフにすることはできます。

これは少し重いです。私は最初のリスト項目の前に1.と入力するだけで、自動的に番号が付けられます。

これは少し重いです。私は最初のリスト項目の前に1.と入力するだけで、自動的に番号が付けられます。

同意する。 WordとOutlook(Wordを使用する)では、番号付きリストを作成するときに1.を入力し、そこから移動します。私はCrtl-Zを押すだけで元に戻すことができます。

存在しない番号の付いた(または箇条書きの)リストが必要な場合は、それを選択し、コンテキストメニューのフォーマットから番号または箇条書きを選択します。

巨大なEを先頭にして広く使われている目の検査チャートは、1862年にチャートを開発したオランダの眼科学者Hermann Snellenにちなんで命名されたSnellen Chartとして知られています。