1つのインストールディスクに8つのエディションすべてを取得する方法

さまざまなバージョンのWindowsがありますが、所有しているディスクまたはイメージには、そのアーキテクチャのすべてのバージョンが含まれていることがわかりません。ユニバーサルWindows 8のインストールディスクの作成方法については、こちらをご覧ください。

注:上記のすべてのイメージを使用しますが、実際にEnterprise Editionは必要ありません。チュートリアルの一部を除外することができます。あなたが何をしているのか分からない場合は、それに慣れていなくても、MSDNの公開されているエンタープライズ評価画像をいつでも入手できます。

開始するには、MicrosoftからWindows 8 ADKをダウンロードする必要があります。

一度ダウンロードしてインストールすると、展開ツールのみが必要になりますので、残りのオプションは必ずオフにしてください。

最後に、C:\ドライブのルートに次のフォルダ構造を作成して、少し簡単にする必要があります。

OKを始めましょう。

まず、ベースイメージを作成する必要があるので、Windows 8のx86バージョンをマウントし、そのファイルを次の場所にコピーします。

C:\ Windows8Root \ Final

次に、install.wimファイルを

C:\ Windows8Root \ Final \ sources

C:\ Windows8Root \ x86

次に、install.wimファイルを他の3つのイメージ、Windows 8 x64、Windows 8 Enterprise x86、およびWindows 8 Enterprise x64からWindows8Rootのそれぞれのフォルダにコピーします。install.wimファイルは次の場所にあります。

D:\ sources \ install.wim

注:上記はイメージが常にドライブDにマウントされていることを前提としています。

それぞれのinstall.wimは異なっているので、誤ったディレクトリにコピーしたり、残りのチュートリアルを実行しないでください。

次に、Metro Start Screenに切り替えて、Deployment and Imaging Tools Environmentを開きます。

注:あなたのPCのローカル管理者でない場合は、それを右クリックして管理者として実行することを選択する必要があります。

次のコマンドを実行します。

Dism / Export-Image /SourceImageFile:c:\Windows8Root\x86\install.wim / SourceIndex:2 /DestinationImageFile:c:\Windows8Root\Final\sources\install.wim / DestinationName: “Windows 8” / compress:maximum

Dism / Export-Image /SourceImageFile:c:\Windows8Root\x86\install.wim / SourceIndex:1 /DestinationImageFile:c:\Windows8Root\Final\sources\install.wim / DestinationName: “Windows 8 Pro” / compress:maximum

Dism / Export-Image /SourceImageFile:c:\Windows8Root\x86\install.wim / SourceIndex:1 /DestinationImageFile:c:\Windows8Root\Final\sources\install.wim / DestinationName: “Windows 8 Pro with Media Center” / compress :最大

Dism / Export-Image /SourceImageFile:c:\Windows8Root\Enterprisex86\install.wim / SourceIndex:1 /DestinationImageFile:c:\Windows8Root\Final\sources\install.wim / DestinationName: “Windows 8 Enterprise” / compress:maximum

Dism / Export-Image /SourceImageFile:c:\Windows8Root\x64\install.wim / SourceIndex:2 /DestinationImageFile:c:\Windows8Root\Final\sources\install.wim / DestinationName: “Windows 8” / compress:maximum

Dism / Export-Image /SourceImageFile:c:\Windows8Root\x64\install.wim / SourceIndex:1 /DestinationImageFile:c:\Windows8Root\Final\sources\install.wim / DestinationName: “Windows 8 Pro” / compress:maximum

Dism / Export-Image /SourceImageFile:c:\Windows8Root\x64\install.wim / SourceIndex:1 /DestinationImageFile:c:\Windows8Root\Final\sources\install.wim / DestinationName: “Windows 8 Pro with Media Center” / compress :最大

Dism / Export-Image /SourceImageFile:c:\Windows8Root\Enterprisex64\install.wim / SourceIndex:1 /DestinationImageFile:c:\Windows8Root\Final\sources\install.wim / DestinationName: “Windows 8 Enterprise” / compress:maximum

次にナビゲートする

C:\ Windows8Root \ sources \

新しいテキストファイルを作成します。

あなたはそれを呼び出す必要があります

EI.cfg

次に、次のように編集します

最後に、Windows Media CenterをWindows 8のWMCエディションに追加するための魔法を働かせます。そのために、皆さんのために簡単にスクリプトを書いて、ここでそれを手に入れることができます。ダウンロードしたらダウンロードしてください。

これを使用するには、画面の左下隅を右クリックし、昇格したコマンドプロンプトを開きます。

次に、コマンドプロンプトウィンドウに次の行を貼り付けます。

powershell.exe -ExecutionPolicy Unrestricted -File C:\ Users \ Taylor \ Documents \ HTGWindows8Converter.ps1

注意:スクリプトのパスを置き換える必要があります。置き換えるパスにスペースがある場合は、パスを引用符で囲む必要があります。

スクリプトはすぐに開始され、そのことをしている間にあなたが見ることができるいくつかのプログレスバーがあります。

他のウィンドウの途中でポップアップが開き、最終的なISOイメージの作成が開始されます。

コマンドが完了したら、コマンドプロンプトを閉じて、CドライブのルートにISOイメージを置く必要があります

HTGWindows8.iso

それはすべてそれにある。

いいえ、アップグレードを待つだけです!

私がオタクであることを示す非常にクールな方法:D

それぞれのバージョンをインストールするためにはまだ有効なライセンスキーがあると仮定していますか?今すぐ合法バージョンのWin 8 Pro x64(Dreamspark)があります;メディアセンターは含まれていません。アップグレードのために?

正しいライセンスキーが必要ですそう、はい、あなたはアップグレードのために支払う必要があります。

これもWin7でも可能ですか?

@BadJasperは、isoを抽出し、ソースフォルダに入り、ei.cfgファイルを削除します。それははるかに簡単で、W7で機能しました。私はW8で試したことはありませんが、ファイルがあれば、これらのステップをすべて実行する必要はありません。私は間違っている可能性があります…私はW8が嫌いなので、まだそれほど多かったわけではありません。

@thegeekkidはあなただけのトローリングですか、あるいは真剣に私たちはあなたの人生をより困難にするためにこのような記事を公開すると思いますか?ここにあるすべてのステップは必要です.Windows 8にはバージョンに応じてEI.cfgが付属していません。

いいえ、私はトローリングをしていませんでした。私が言ったように、私は実際にW8を使用しないので、私は知らなかった。そして、誰かにW7のei.cfgファイルについて知らせるのはトローリングだと思いますか?私はちょうどそれがW8にあったならば、同じことをするだろうと考えました。私は無礼を意味するわけではありませんが、しばしば何かを行う方法が複数あり、多くの場合、長い方法が公開されています。あなたが間違った方法でそれを取った場合は、ごめんなさい。

私はこの1つのthegeekkidに同意した、彼はei.cfgファイルに関して完全に合法的な質問をしました。これは私の最初の考えでもありました。特にWindows8はWindows7以上のものであり、それ。誰かがタッチスクリーンを持っていない限り、それはClassShellのようなものを追加しない限り、デスクトップ環境を使っている平均的なコンピュータユーザのための仲間です。偉大なチュートリアル、非常によく書かれて、私はそれを試してみるつもりです。

私はどちらも失礼になることを決して意味しなかった。私は記事に多くの努力を払いましたが、私はちょっとした方法でthegeekkidのコメントを受けました。私たちはコメントの中でたくさんのトロールを取得するので、あなたが私を許してくれることを願っています=)

私はRTMからWin8を使用していて、私は悪いOSではないと言わざるを得ない。 Classic Startを起動すると、実際にはWin7よりも安定した状態で動作します。私は7で大きな支持者です.Win8はWin7の改良版ではありません。 ARMプロセッサやその他のモバイルデバイスを利用するには、カーネルから書き込まなければなりませんでした。私は、Win7にインストールされていないソフトウェアもWin8でうまく動作するケースがあります。デスクトップを使用するのは、Classic Start(またはそれを復元するいくつかの他のアプリ)を入手した場合、8を使用した場合と同じくらい簡単です。マイクロソフトが出てきたOSのように、誰もがそれを憎んで、不平を言うだろうが、次のものが出ると直ちに、前のものを打ち明けるだろう。私は一度人々がそれに慣れると、彼らはそれを好きになると思います。それは提供することがたくさんある。人々はそれを最初に調査する時間を取らなければなりません。

私はWin8が嫌いではない。最終的に約60台のワークステーション(OEM完全インストール版)にインストールおよび設定し、ドメインサーバーのユーザー情報、すべての関連ソフトウェアを更新し、プロッタ、プリンタ、スキャナなどのハードウェア構成を実装するという義務は嫌いです。いいえ、私はWin8が嫌いです。

私は7があまりにも多く、開発者として(専門家ではない)私はWindows用のユーティリティをコーディングしてルートキットを使いこなすのが好きです。Windows 8は腕のプロセッサとの互換性を保つためにはお金の無駄です

LinuxはこのM $を利用しようとしている

良いチュートリアル。

将来的には、次のステップに進んで、Windowsアップデートでスリップストリームを使用する方法を教えてください。

エンタープライズエディションにすべてのバージョンが含まれていることもWIN7と同じですか?

@テイラーギブス:難しい気持ちはない。私はinstructables.comのプロオーディオに関する記事を書いています。あなたの気持ちを正確に知っています。私は最終的にW8を使い始めると(そしてei.cfgを探しています)、私はどこに来ることができるのか知っていますので、あなたが出版してうれしいです:)

@テイラーギブス:これでうまくいった。私はEI.CFGがWin8のEnterprise Evalビルドに問題を抱えていることが分かりました。評価の元のEI.CFGファイルに設定されているチャネルは「eval」です。ここに追加してインストールから起動すると、 ‘WindowsはMicrosoftソフトウェアライセンス条項を見つけることができません。インストールソースが有効であることを確認し、インストールを再開してください(これはVMwareインストールではありません)。あなたはこれを回避する方法を見つけたのですか?

EL.cfgテキストを作成するとき、命令にエラーがあります。それは次のようになります;次はC:\ Windows8Root \ sources \

これは、C:\ Widows8Root \ Final \ sources \

最終サブディレクトリが見つからなかった。

展開ツールのcmdにエラー87が表示されます。助けて?!

ニースのチュートリアル。私はもっ​​と奇妙な方法でこのチュートリアルをやった。

展開とイメージングツールのDism partコマンドプロンプトでは、個別に行うのではなく、すべてを一度に組み合わせました。

サンプル(Dドライブを使用)

Dism / Export-Image /SourceImageFile:d:\Windows8Root\x86\install.wim / SourceIndex:2 /DestinationImageFile:d:\Windows8Root\Final\sources\install.wim / DestinationName: “Windows 8(MSDN)” / compress:最大&& Dism / Export-Image /SourceImageFile:d:\Windows8Root\x86\install.wim / SourceIndex:1 /DestinationImageFile:d:\Windows8Root\Final\sources\install.wim / DestinationName: “Windows 8 Pro(MSDN)” / compress:最大&& Dism / Export-Image /SourceImageFile:d:\Windows8Root\x86\install.wim / SourceIndex:1 /DestinationImageFile:d:\Windows8Root\Final\sources\install.wim / DestinationName: “Windows 8 Pro MSDN)with Media Center “/ compress:最大&& Dism / Export-Image /SourceImageFile:d:\Windows8Root\Enterprisex86\install.wim / SourceIndex:1 /DestinationImageFile:d:\Windows8Root\Final\sources\install.wim / DestinationName : “Windows 8 Enterprise(MSDN)” / compress:最大&& Dism / Export-Image /SourceImageFile:d:\Windows8Root\x64\install.wim / SourceIndex:2 / DestinationImageFile:d:\ Windows8Root \ Final \ Source \ install.wim / DestinationName: “Windows 8(MSDN)” / compress:最大&& Dism / Export-Image /SourceImageFile:d:\Windows8Root\x64\install.wim / SourceIndex:1 / DestinationImageFile:d:\ Windows8Root \ Final \ sources \ install.wim / DestinationName: “Windows 8 Pro(MSDN)” / compress:最大&& Dism / Export-Image /SourceImageFile:d:\Windows8Root\x64\install.wim / SourceIndex:1 / DestinationImageFile:d :\ Windows8Root \ Final \ sources \ install.wim / DestinationName: “Media Centerを持つWindows 8 Pro(MSDN)” / compress:最大&& Dism / Export-Image /SourceImageFile:d:\Windows8Root\Enterprisex64\install.wim / SourceIndex :1 /DestinationImageFile:d:\Windows8Root\Final\sources\install.wim / DestinationName: “Windows 8 Enterprise(MSDN)” / compress:最大

.ps1スクリプトの場合は、もちろん編集できます。 cmdでmkdirと “&&”を使ってディレクトリを作るのと同じことです。ええ?

以前に投稿したコマンド全体をコピーして、展開ツールとイメージングツールのcmdに貼り付け、貴重な時間を節約しました; GEEK STYLE 🙂

助けて!私はそれを実行するときだけ言う

ツールキット> Dism / Export-Image /SourceImageFile:c:\Windows8Root\x64\install.wim / Sour; ceIndex:2 / DestinationImageFile:C:¥Program Files(x86)¥Windows Kits¥8.0¥AssessmentおよびDeployment Kit¥Deployment c:\ Windows8Root \ Final \ sources \ install.wim / compr; ess:最大/ DestinationName:Windows 8

エラー:87

/ DestinationName:オプションに必須の引数がありません。詳細については、/ DestinationName:オプションのヘルプを参照してください。

DISMログファイルはC:\ WINDOWS \ Logs \ DISM \ dism.logにあります。

ツールキット> Dism / Export-Image /SourceImageFile:c:\Windows8Root\x64\install.wim / Sour; ceIndex:2 / DestinationImageFile:C:¥Program Files(x86)¥Windows Kits¥8.0¥AssessmentおよびDeployment Kit¥Deployment c:¥Windows8Root¥Final¥sources¥install.wim / Dest; inationName:Windows 8 / compress:maximum

エラー:87

/ DestinationName:オプションに必須の引数がありません。詳細については、/ DestinationName:オプションのヘルプを参照してください。

DISMログファイルはC:\ WINDOWS \ Logs \ DISM \ dism.logにあります。

C:\ Program Files(x86)\ Windows Kits \ 8.0 \ Assessmentおよび展開キット\展開;ツール>

助けてください!!;ジョージ

私はエラーコード87も取得しています。投稿されたコマンドの実際の構文や、Chrisが上に投稿したものについて不平を言っています。

私はWindows 7 x64ボックスでこれを試していました。このプロセスはWindows 8システムで行う必要がありますか?

毎月14日のカレンダーにはロマンチックな休日があり、バレンタインデーに加えて、キャンドルデー、ホワイトデー、ブラックデー、ローズデー、キスデー、シルバーデー、グリーンデー、ミュージックデー、ワイン日、映画の日、抱擁の日。