オフィスアプリケーションの開始画面をバイパスまたは完全に無効にする方法

Officeプログラムを起動すると、使用可能なテンプレートと最近開いたドキュメントの一覧が左の列に表示されます。この画面は参考になるかもしれませんが、迷惑で気を散らしている場合は簡単に無効にすることができます。

以前は、レジストリを変更してOffice 2013の開始画面を無効にする方法を示しました。これで、Officeプログラムで使用できる設定を使用してこれを行うことができます。

この設定にアクセスするには、Officeプログラムのいずれかで既存の文書または新しい文書を開き、[ファイル]タブをクリックします。この例では、Word 2013を使用しています。

舞台裏画面で、左側の項目のリストで[オプション]をクリックします。

[一般]画面が[Wordオプション]ダイアログボックスにデフォルトで表示されます。 [全般]画面の[起動オプション]セクションで、[このアプリケーションの起動時に開始画面を表示する]チェックボックスをオンにして、ボックスにチェックマークがないようにします。

[OK]をクリックして変更を受け入れ、ダイアログボックスを閉じます。

さて、特定のドキュメントを開かずにWordを開くと、開始画面はスキップされ、新しいドキュメントが自動的に開きます。

注:開始画面をスキップする各Officeプログラムでこの変更を個別に行う必要があります。

開始画面を完全に無効にしたくない場合は、開始画面が表示されたときに “Esc”キーまたは “Enter”キーを押すだけで表示されるときに開始画面を省略することができます。空のドキュメント “テンプレート。

ポケモンフランチャイズの創業者である田尻聡氏の純資産は51億ドル。