nvidia shadowplayであなたのPCのゲームプレイを記録する方法

NVIDIAのShadowPlayは、ゲームプレイ、ライブストリーミング、さらにはFPSカウンターオーバーレイを簡単に提供します。プレイステーション4とXbox Oneでゲームプレイをバックグラウンドで自動的に記録することができます。

最新のNVIDIAグラフィックスハードウェアを搭載したPCをお持ちの場合は、この機能にアクセスすることができます。これはWindows 10のゲームDVRに似ていますが、より多くの機能があり、Windows 7でも動作します。

ただし、開始する前に、次の点に注意する必要があります。ShadowPlayを有効にすると、ゲームのパフォーマンスが少し低下します。 NVIDIAは、5%のパフォーマンスペナルティが典型的である一方、より厳しいゲームでは10%になる可能性があると指摘しています。

十分なPCがあれば、これは必ずしも重要ではありません。すべてのゲームプレイレコーディングソリューションは、Windows 10のゲームDVR機能を含むシステムリソースを利用します。シャドウプレイを使用していないときは、シャドウプレイを無効にしたい場合があります。

NVIDIAのWebサイトで、ShadowPlayをサポートするNVIDIAグラフィックハードウェアの一覧を確認できます。ただし、NVIDIAハードウェアをお使いの場合は、PCをチェックするだけで済みます。

これを行うには、スタートメニューから「GeForce Experience」アプリケーションを開きます。まだインストールされていない場合は、NVIDIAからGeForce体験アプリケーションをダウンロードしてインストールしてください。 ShadowPlayに加えて、このアプリケーションは、NVIDIAグラフィックドライバのアップデート、ワンクリックゲーム設定の最適化、PCからのゲームストリーミングを提供します。

アプリケーションの[My Rig]タブで、[ShadowPlay]タブをクリックし、ご使用のPCがシステム要件を満たしているかどうかを確認します。そうであれば、ShadowPlayは「準備完了」になります。そうでなければ、アプリケーションはその理由を通知します。

デフォルトでは、ShadowPlayはオフになっていて、バックグラウンドでは何もしません。これを有効にするには、NVIDIA GeForce Experienceアプリケーションを起動し、ウィンドウの右上にある「ShadowPlay」ボタンをクリックする必要があります。

ShadowPlayウィンドウの左側にあるスイッチをクリックしてオンにします。緑色のライトが表示され、NVIDIA ShadowPlayが有効になっていることを示します。

デフォルトでは、ShadowPlayは「影と手動」モードを使用します。シャドーモードでは自動的にゲームプレイが記録され、最後の5分間は保持されます。 Alt + F10のキーボードショートカットを押すと、ShadowPlayはゲームプレイの最後の5分間のクリップをVideosフォルダに保存します。

手動モードでは、Alt + F9のキーボードショートカットを押して手動でクリップの録画を開始し、録画が終了したらAlt + F9を押してクリップを停止することができます。 ShadowPlayでは、録画していなくても、Alt + F12を押して、任意のゲームでライブFPSカウンターを表示することもできます。

ShadowPlayを有効にした後でこれらの設定を微調整することができます(このガイドの後半で説明します)。しかし、あなたがうまく見えたら、今すぐ録音を開始できます。ゲームを起動し、上記のホットキーを使用してゲームプレイを記録し、FPSカウンターを表示するだけです。

録画は、既定で、ビデオフォルダのゲーム固有のサブフォルダに表示されます。

すべてのゲームがデフォルトでNVIDIA ShadowPlayで動作するわけではありません。 ShadowPlayはDirect3Dを使用するゲームで直接サポートされ、OpenGLではサポートされません。ほとんどのゲームはDirect3Dを使用していますが、代わりにOpenGLを使用するゲームがいくつかあります。たとえば、上記の例で使用したDOOMは、Minecraftと同様にOpenGLを使用しています。

ShadowPlayで動作しないOpenGLゲームを記録するには、NVIDIA GeForce体験>環境設定> ShadowPlayに進み、「デスクトップキャプチャを許可」オプションを有効にします。 ShadowPlayはデスクトップ上のウィンドウで実行されているOpenGLゲームを含め、Windowsデスクトップを記録できるようになりました。

このモードでは、自動バックグラウンドの「シャドー」記録とFPSカウンタは機能しません。ただし、ホットキーを使用して手動録画を開始および停止することはできます。

ShadowPlayの設定を変更するには、ShadowPlayウィンドウの下部にあるアイコンをクリックします。 「シャドウ」モードを選択すると、録画のための最後の5分間の方法のみを使用したり、「マニュアル」を使用して手動でゲームプレイを記録することができます。ここでは、「ツイッチ」オプションを選択してNVIDIA ShadowPlayを使用して、ハードドライブに保存するのではなく、ゲームプレイをTwinkにライブブロードキャストすることもできます。

「Shadow time」オプションを使用すると、ShadowPlayがバッファに保存するゲームの量を選択できます。 1〜20分の間で任意の時間を選択できます。時間がかかるほどハードディスクの空き容量が多くなることに注意してください。どのくらいのディスク容量が、選択した品質レベルに依存するか。

[品質]オプションを使用すると、録画の品質を設定できます。デフォルトではHighに設定され、ビデオはゲーム内解像度、毎秒60フレーム、50 Mbpsの画質、およびH.264ビデオとして記録されます。低プロファイルまたは中プロファイルを選択するか、カスタムを選択して個々の設定を手動で変更できます。

「オーディオ」オプションでは、録画したビデオに含まれるオーディオトラックを選択できます。デフォルトでは、録音にはすべてのゲーム内オーディオが含まれます。また、「ゲーム内とマイク」を選択して、マイクに向かって発声して録音に挿入したり、「オフ」を選択してすべての録音を無効にすることもできます。

左のスイッチの下には、録画フォルダ(デフォルトではユーザアカウントの「Videos」フォルダ)とShadowPlay設定ウィンドウが開きます。このウィンドウは、GeForce Experienceアプリケーション内のPreferences> ShadowPlayからもアクセスできます。

環境設定画面では、オーバーレイを選択できます。ウェブカメラ、ステータスインジケータ、またはFPSカウンタをオーバーレイし、表示される場所を選択できます。また、マイクに「常にオン」と「プッシュトーク」を選択することもできます。

録音、放送、カメラの切り替え、マイクでのプッシュトークの起動のホットキーは、ここから設定できます。通常の[ビデオ]フォルダにダンプしたくない場合は、ビデオ録画の別の保存場所を選択することもできます。

AMDには独自のShadowPlay風の機能がないため、AMDグラフィックスハードウェアでこれを行うにはサードパーティのゲームレコーディングアプリケーションが必要です。

1974年に社会学者のフィリップ・クンツは相互主義に関する実験を行い、手書きの600枚のクリスマスカードを無作為の人々に送った;彼は200枚以上の手書きカードと手紙を受け取った。