オフィス文書で著者を追加および削除する方法

既定では、ドキュメントの作成者は、Wordのインストール時に入力したユーザー名に設定されます。ただし、ユーザー名を変更して、主著者を変更したり、文書に著者を追加したり、文書から著者を削除することもできます。

注:この機能を説明するためにWord 2013を使用しました。

著者をドキュメントに追加するには、[ファイル]タブをクリックします。

[情報]画面がアクティブなバックステージ画面であることを確認します。 “Info”画面の “Related People”セクションで、 “Summary”情報からのユーザ名が著者としてリストされていることに注意してください。別の著者を追加するには、ユーザー名の下にある[著者を追加]をクリックします。

編集ボックスに追加する著者の名前を入力します。あなたのアドレス帳に連絡先がある場合は、入力したものと一致する名前がポップアップメニューに表示されます。人の名前が利用可能な場合は、リストから選択することができます。

著者の追加を終了するには、著者編集ボックスの外にある[情報]画面の空き領域をクリックします。追加の著者は、「関連する人々」セクションに表示されます。

また、「要約」情報の「作成者」プロパティを編集して、著者を追加することもできます。 [情報]画面の[プロパティ]ボタンをクリックし、ドロップダウンメニューから[詳細プロパティ]を選択します。

表示されるダイアログボックスの[概要]タブで、追加した作成者が[作成者]編集ボックスに表示されていることに注意してください。このエディットボックスに著者を追加して、各著者の名前の間にセミコロンを付けることができます。

「情報」画面で作者を削除するには、作者の名前を右クリックし、ポップアップメニューから「人物を削除」を選択します。

また、「ドキュメントパネル」を使用して、著者を追加または削除することもできます。 [情報]画面の[プロパティ]ボタンをクリックし、ドロップダウンメニューから[ドキュメントパネルを表示]を選択します。

現在開いているドキュメントの上に[ドキュメントパネル]が開きます。この記事の前半にある[詳細プロパティ]ダイアログボックスの[概要]タブと同じ方法で、パネル上の[作成者]編集ボックスを使用して著者を追加および削除します。著者名の間にセミコロンを入れてください。

また、ExcelとPowerPointで同じ方法で著者を追加したり削除したりすることもできます。

ショック・ラジオのホストであるハワード・スターン氏は、FCCによって250万ドル以上の罰金を科されたばかりでなく、FCC史上最大の単一罰金記録を保持しています。