オフィスでリアルタイムで文書を共同作業する方法2016

Microsoft Office 2016はコラボレーション機能を改善し、複数の作成者がドキュメントをリアルタイムで処理できるようにしました。 OneDriveで文書を共有し、その文書で作業しているユーザーを表示したり、文書に簡単にアクセスできるように他の文書を送信するためのリンクを取得することもできます。

この記事でWordを使用してドキュメントを共同作業する方法を説明しますが、このリアルタイムコラボレーション機能はExcelとPowerPointでも利用できます。

まず、共有する文書を開き、Wordウィンドウの右上隅にあるリボンバーの[共有]ボタンをクリックします。

注:共有するドキュメントを設定する前に、OneDriveアカウントに共有フォルダがあることを確認する必要があります。または、アカウントにデフォルトで存在する「パブリック」フォルダを使用することもできます。

[共有]ペインが表示されます。 OneDriveアカウントで共有したフォルダにドキュメントを保存するには、[クラウドに保存]をクリックします。

[名前を付けて保存]舞台裏画面で、ドキュメントを保存する共有場所を選択するか、[参照]ボタンをクリックしてOneDriveアカウント内の最近の一覧にない場所を選択します。

必要に応じて、[名前を付けて保存]ダイアログボックスで共有フォルダに移動します。ファイルの名前を変更する場合は、[ファイル名]編集ボックスに新しい名前を入力します。 [保存]をクリックします。

あなたは文書に戻され、「共有」ペインが接続され、ファイルを表示または編集するか、または単に表示するように招待することができます。ドキュメント上で誰かをコラボレーションするように招待するには、そのユーザーのメールアドレスを[招待する]編集ボックスに入力します。ドロップダウンリストから “編集可能”または “表示可能”を選択します。カスタムメッセージを送信する場合は、[メッセージを含める]ボックスに入力します。ドキュメントを共有するには、[共有]をクリックします。

ユーザーは、ドキュメントを共有しているユーザーのリストに追加されます。

「変更を自動的に共有する」ドロップダウンリストからオプションを選択して、変更が行われるたびに自動的に変更を共有するかどうかを尋ねる(「確認する」)か、「常に」または「しない」を指定することもできます。

ドキュメントを共有したユーザーには、次のような電子メールが送信されます。 「OneDriveで表示」をクリックしてドキュメントにアクセスします。

注記:共有文書へのリンクを簡単に取得できるので、「共有」ペインの下部にある「共有リンクを取得」をクリックしてユーザーに電子メールで送信することができます。

2つのボタンが[共有]ペインに表示されます。ユーザーがドキュメントを表示および編集できるリンクを送信する場合は、[編集リンクを作成]ボタンをクリックします。ユーザーがドキュメントを表示して編集することのみを許可するリンクを送信するには、[表示専用リンクを作成]ボタンをクリックします。

適切な権限を持つ文書にアクセスするためのURLを含む[リンクの編集]ボックスが表示されます。ボックスの右側にある[コピー]ボタンをクリックしてURLをコピーし、リンクを電子メールで共有できるようにします。

ユーザーが電子メールで受け取るリンクをクリックすると、適切なOffice 2016アプリケーションのオンライン版でドキュメントが開きます。

ユーザーが文書の編集を開始すると、「ゲストはこの文書を編集しています」というポップアップが表示されます。

他の人が行った変更は、文書のインスタンスで強調表示されたテキストとして表示されます。

ユーザーがドキュメントを編集してから変更した場合、そのユーザーの権限を簡単に変更できます。リスト内のユーザーの名前を右クリックし、「権限を変更する:表示できる」を選択します。また、別の方法で文書を表示できるようにした後に文書を編集する権限をユーザーに与えてもかまいません。

ユーザーとドキュメントの共有が完了している場合は、ユーザーがドキュメントを表示または編集できるようにすることはできません。リストのユーザー名を右クリックし、ポップアップメニューから[ユーザーの削除]を選択します。

[共有]ペインを閉じるには、ペインの右上隅にある[X]をクリックします。

大規模プロジェクトでも小規模プロジェクトでも、リアルタイム編集とOneDriveとのクラウド統合によるOffice 2016のこの新しいコラボレーション機能は強力です。

数学的な意義の少しのおかげで、華氏尺度で-40は摂氏で-40に相当しますが、いずれかで-40がどちらかというと寒いということに同意する温度尺度にはほとんど同意する必要はありません。