Windowsタスクスケジューラから電子メールを簡単に送信する方法

Windowsタスクスケジューラは、特定の時刻に、または特定のイベントに応答して自動的に電子メールを送信できますが、統合された電子メール機能はほとんどのユーザーにとってうまく機能しません。

タスクスケジューラの電子メール機能を使用して電子メールを送信する代わりに、SendEmailユーティリティを使用できます。 SMTPサーバーで認証し、電子メールを送信する単一行のコマンドを作成することができます。

誰かがログインしたときに電子メール通知を送信するようにコンピュータを設定したところ、組み込みの電子メール機能に問題があることがわかりました。

好きなSMTPサーバーを入力することはできますが、タスクスケジューラは認証をサポートしていないため、SMTPサーバーのユーザー名とパスワードを入力することはできません。ほとんどのユーザーがアクセスできるSMTPサーバーの種類(たとえば、GmailのSMTPサーバーまたはインターネットサービスプロバイダーが提供するSMTPサーバー)には認証が必要なため、タスクスケジューラーから簡単に使用することはできません。

ローカルコンピュータ上でSMTPサーバーを実行している場合は、タスクスケジューラの電子メール機能が役立つ場合があります。しかし、平均的なユーザーにはSendEmailが来る別のツールが必要です。

まず、コマンドラインから電子メールを送信するための無料の(そしてオープンソースの)ツールSendEmailをダウンロードします。ダウンロードしたアーカイブをコンピュータ上のフォルダに展開します。

次に、Windowsタスクスケジューラを起動し、新しいタスクを作成します。詳細については、スケジュールされたタスクの作成に関するガイドを参照してください。特定の時間に電子メールを自動的に送信するタスク、または特定のイベントに応答して電子メールを送信するタスクを作成できます。

[アクション]ウィンドウが表示されたら、[電子メールを送信する]の代わりに[プログラムを起動する]を選択します。

[プログラム/スクリプト]ボックスで、[参照]ボタンを使用して、コンピュータ上のSendEmail.exeファイルに移動します。

最後に、SMTPサーバーの認証に必要な引数を追加し、電子メールを作成する必要があります。 SendEmailで使用できるオプションのリスト

サーバーオプション

-f EMAIL – 送信元の電子メールアドレス。

-s SERVER:PORT – 必要なSMTPサーバーとポート。

-xu USERNAME – SMTPサーバーで認証するために必要なユーザー名。

-xp PASSWORD – SMTPサーバーで認証するために必要なパスワード。

-o tls = yes – TLS暗号化を有効にします。一部のSMTPサーバーで必要な場合があります。

GmailのSMTPサーバーを使用している場合は、これが必要なサーバーオプションです

-s smtp.gmail.com:587 -xu you@gmail.com -xp password -o tls = yes

もちろん、ここに自分のメールアドレスとパスワードを入力する必要があります。

宛先オプション

-t EMAIL – 宛先電子メールアドレス。 -tオプションのあとに各アドレスの間にスペースを入れると、複数のアドレスに電子メールを送信できます。

-cc EMAIL – 電子メールで参照したいアドレス。上記の-tコマンドと同様に、複数のアドレスを指定するには、各電子メールアドレスの間にスペースを入れます。

-bcc EMAIL – 上記のCCオプションのBCCバージョン。

メールオプション

-u SUBJECT – あなたの電子メールの件名

-m BODY – 電子メールの本文テキストです。

-aアタッチメント – 添付するファイルのパス。これはオプションです。

たとえば、メールアドレスがyou@gmail.comで、person@example.comにメールを送信したいとします。あなたは次のオプションを使用します

-f you@gmail.com -t person@example.com -u Subject -m本文です! -s smtp.gmail.com:587 -xu you@gmail.com -xp password -o tls = yes

オプションをまとめたら、Add argumentsボックスにコピーして貼り付けます。

あなたの仕事を保存すれば完了です。あなたのタスクは、指定した予定(またはイベントに応じて)で電子メールを自動的に送信します。

SendEmailには、電子メールを自動的に送信するスクリプトに統合する方法や、ダブルクリックすると電子メールを送信するショートカットを作成する方法があります。

あなたはPowershellでもこれを行うことができます。

バディの上に!そしてこの小さなEXEは不思議です。非常に非常に非常にうまく動作します。どのように大きくなったのか、私は理解できません。Microsoftは、これらの種類の作業を行うツールを私たちに与えることはできません。彼らは技術的な制約のために使用できない機能をOSに置いています。それはちょっとばかげたことです。

今思考の列車では、別のばかげたものがあります:MS OUTLOOKの通知。無駄なこと。 OUTLOOKで予定されているものについては、通知のPOPPINGと一緒に通知メールを送信するオプションがあることを確認するためのコードが必要です。私はCOMMERCIAL SW(PERRYなど)を見たことがありますが、まずOUTLOOKで始めるべきものに対しては1セントも支払わないでしょう。それまでの私の緩和策はKaren Power ToolsのユーティリティSWで、EMAILERIIとCountdown Timerは両方とも同じ結果を達成していますが、これはOUTLOOKに加えてプロセスです。私はEMAILER IIにEMAILを書いて(MAPIセットアップを通して送る)、PROGRAMはCOUNTDOWNユーティリティーにそれを送る時間を決めています:必要な時に外出し、エージェントが私にそれが出てきたことを伝えるウィンドウをポップアップさせます;それは私が好きなオートメーションの一種です。

‘SendEmail’に少し問題がありましたら、あなたの指示に従ったテストを設定し、(2)のOpCode、イベントID 102を取得し、タスクCompletedと言います。私は電子メールを受け取ることはありません。コマンドプロンプトが開き、何も表示されないように素早く閉じます。これは私の議論です:-s smtp.gmail.com:587 -xu engegebg@gmail.com -xp Ha1zzarD#-o tls = auto -t engagedbg@gmail.com -u Skydriveのテストを完了しました。 465&25.私はそれを知っていますが、私が間違っていることは簡単ですが、バックアップのためにタスクスケジューラを使用してガイダンスを使用することができ、完了時を知りたいと思います。

漫画のギャグの人気にもかかわらず、砂の中にその頭を埋めている文書化されたダチョウの例は今までにない。