マイクロソフトワードで番号付きリストまたは箇条書きリストを逆にする方法

あなたはWordで本当に長いアイテムのリストを作成しましたが、今度はその順序を逆にする必要があることを発見しました。手動で各アイテムを移動しますか?幸いにも、いいえ。番号付きリストと箇条書きリストで動作するWordのリストを逆転させるためのトリックを紹介します。

リストを逆にすることについて話すとき、最後の項目が最初の項目になり、最後の項目が2番目の項目になることを意味します。この例では、上の図に示す項目の短いリストを使用します。上記のリストを手作業で並べ替えたり再入力したりするのは簡単でしょうが、このトリックはどのような長さのリストでも機能します.4つのアイテムのリストは単なる例に過ぎません。数十から数百のアイテムを持つリストを持っているなら、これは巨大な節約になります。

Wordの番号付きリストを元に戻すには、Word文書のリストを選択し、Ctrl + Cキーを押してコピーします。

並べ替えられたリストを配置するWordファイルにカーソルを置き、[貼り付け]ボタンの下矢印をクリックして、ドロップダウンメニューから[形式を選択して貼り付け]を選択します。

[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスで、[名前]ボックスの[書式なしテキスト]を選択し、[OK]をクリックします。

テキストは書式設定なしで文書に貼り付けられるので、リストはもはや番号付きリストではありません。数字は単なるテキストで、各数字と項目はタブで区切られています。 (一時的に非印字文字をオンにしたので、下の画像の数字と項目の間にタブ文字(右矢印)が表示されます。

ここではこのリストをテーブルに変換して並べ替えるので、貼り付けたテキストを選択して[挿入]タブをクリックします。

テーブルセクションの[テーブル]ボタンをクリックし、ドロップダウンメニューから[テキストをテーブルに変換]を選択します。

テキストをテーブルに変換ダイアログボックスが表示されます。 [OK]をクリックすると、デフォルト設定が適用されます。

貼り付けたテーブルは、デフォルトで選択されています。アイテムの順序を変更するには、最初の列に基づいてアイテムを並べ替えます。これを行うには、テーブルを選択したままにして、[ホーム]タブをクリックします。

段落セクションの[ソート]ボタンをクリックします。

[並べ替え]の[並べ替え]ダイアログボックスで、[列1]がドロップダウンリストから選択されていることを確認し、右側で[降順]オプションが選択されていることを確認します。 [OK]をクリックします。

以下に示すように、表の行は逆になります。テーブルの最初の列を選択して右クリックし、ポップアップメニューから[列の削除]を選択します。

ここで、1列の表をテキストに戻します。テーブルを選択し、[レイアウト]タブをクリックします。

データセクションで、「テキストに変換」をクリックします。

[OK]をクリックしてデフォルトを受け入れます。列が1つだけなので、[別のテキスト]で選択された文字は問題ではありません。

テーブルをテキストに変換した後、テキストを自動的に選択する必要があります。アイテムの順序が逆転したので、「ホーム」タブをクリックして段落セクションの「段落番号」ボタンをクリックして、段落番号をもう一度適用することができます。

番号が付けられたリストが逆になりました。

箇条書きリストを逆にすることも簡単です。リストをハイライト表示し、[ホーム]タブの[段落]セクションにある[段落番号]ボタンをクリックして、箇条書きのリストを番号付きリストに変更するだけです。次に、上記の手順に従って、番号付きリストを元に戻します。リストを元に戻したら、箇条書きではなく項目に箇条書きを適用します。

ボーイング737は、世界で最も売れていて最も広く使われているジェットライナーであり、1968年以来就航しています。