あなたのiPhoneコールをスピーカーに自動的にルーティングする方法

iPhoneのスピーカフォンを大部分の通話に使用すると、スピーカーボタンを常にタップする必要があります。幸運なことに、毎回電話がかけられるように設定することができます。

この機能の優れた点は、どちらの方法でも機能することです。発着信に発言者を割り当てることができます。 Bluetoothヘッドセットを使用している場合は、そのヘッドセットに割り当てることもできます。これは明らかに、あなたがiPhoneを実際の電話機として使用するたびにスピーカーを叩くことよりもはるかに便利です。さらに良いことに、FaceTimeでも動作します。

この機能は実装が非常に簡単ですが、アクセシビリティの設定では隠されているので、実際にアクセスする方法を説明しましょう。

まず、あなたのiPhoneで、あなたの設定を開き、 “一般”カテゴリをタップします。

さて、一般的に、「アクセシビリティ」をタップします。

アクセシビリティの設定では、デフォルトで[自動]に設定されている[コールオーディオルーティング]をタップします。

Call Audio Routingの設定では、上記の自動設定、使用している場合はBluetoothヘッドセット、iPhoneのスピーカーの3つのオプションがあります。

これですべてのことが可能になりました。誰かに電話をかけるときや電話(またはFaceTime)を受信したときに、iPhoneがスピーカーに自動的にルーティングします。

NASAの車両組立棟は非常に巨大で、雲が建物内に形成されないようにするには、1万トン以上のAC機器と125台の屋上換気扇が必要です。