システムユーティリティやWebファイルをスクリプトで自動更新する方法

ほとんどのシステムユーティリティに関する優れた点の1つは、移植性です。多くは単にexeファイルまたはzipファイルとして直接配布され、インストール不要ですぐに使用できます。シンプルな使用法のため、これらのタイプのアプリケーションは簡単に更新できますが、多くの場合、自動更新機能はありません。私たちのUpdateFromWebスクリプトは、この問題を解決するために、移植可能なアプリケーションや、Web経由で利用可能なファイル、つまり自動化されたプロセスへの更新をインストールします。

UpdateFromWebスクリプトの使用は非常に簡単で、以下にいくつかの例を示します。ソースURLと、コンピュータ上で更新されるファイルのあるディレクトリを指定するだけで、残りの部分がスクリプトによって処理されます。

機能が含まれています

スクリプトファイルには、さらに多くの機能が含まれています。すべてのオプションを表示するには、メモ帳(またはその他のテキストエディタ)で開きます。

UpdateFromWebスクリプトは、使用する前にシステム上にある必要があるいくつかの外部ツールを使用します。これらのツールのダウンロードリンクは以下にあり、システムのPATH変数のフォルダに配置する必要があります(疑わしい場合は、C:\ Windowsに必要なファイルを置くだけです)。

上記のとおり、UpdateFromWebスクリプトは、一貫性のあるURLを持つファイルに使用できます。たとえば、プロジェクトが夜間にmysite.com/project.zipというURLを使用して更新されている場合は、UpdateFromWebスクリプトを使用して、zipファイルをマシン上のローカルフォルダに自動的にダウンロードして抽出することができます。

同様の注意点として、このスクリプトを使用して、ファイルやツールを複数のマシン間で一貫性を保つことができます。中央の場所にファイルをアップロードするだけで、UpdateFromWebを実行している自動プロセスが残りの部分を処理できます。

UpdateFromWebスクリプトは、コマンドラインから使用することも、ハードコードすることもできます。さらに、必要に応じて混在させることができます。

以下に、コマンドラインとハードコードの両方の使用方法と実行設定を示すいくつかの例を示します。

「C:\ My Tools」にあるすべてのSysInternalsツールを更新し、更新された実行中のアプリケーションを再起動します

コマンドライン

UpdateFromWeb /U:http://live.sysinternals.com/tools/D/R “/ T:C:\ My Tools”

ハードコード

SET URL = http://live.sysinternals.com/tools

SET TargetDir = C:\ Myツール

SET UpdateDir = 1

SET RestartStopped = 1

“C:\ My Tools”とすべてのサブディレクトリにあるすべてのNirsoftツールを更新する

コマンドライン

UpdateFromWeb /U:http://www.nirsoft.net/utils/D/S/Z/L “/ T:C:\ My Tools”

ハードコード

SET URL = http://www.nirsoft.net/utils

SET TargetDir = C:\ Myツール

SET UpdateDir = 1

SET Recurse = 1

SET ToLower = 1

SET Unzip = 1

SET RestartStopped = 1

mysite.comから “Specs.doc”という名前のファイルを更新し、 “C:\ Files \ Latest Specs.pdf”にコピーします。

コマンドライン

UpdateFromWeb /U:http://mysite.com/Specs.pdf “/ F:最新Specs.pdf” / T:C:\ Files

ハードコード

SET URL = http://mysite.com/Specs.pdf

SET TargetDir = C:\ Files

SET FileToGet =最新のSpecs.pdf

“C:\ Files”ディレクトリのファイルをmysite.comのSpecs.zipから最新のファイルに更新します。

コマンドライン

UpdateFromWeb /U:http://mysite.com/Specs.zip / D / N / Z / T:C:\ Files

ハードコード

SET URL = http://mysite.com/Specs.zip

SET TargetDir = C:\ Files

SET UpdateDir = 1

SET CopyNewFiles = 1

SET Unzip = 1

“C:\ Files”内のすべてのファイルをmysite.com/filesに保存されているファイルと同期するように更新する

コマンドライン

UpdateFromWeb /U:http://mysite.com/files “/ D / T:C:\ Files

ハードコード

SET URL = http://mysite.com/files

SET TargetDir = C:\ Files

SET UpdateDir = 1

Web Scriptからアップデートをダウンロードする

Download.exeツールをダウンロード

7-Zipコマンドラインツールをダウンロードする

WSCC(http://www.kls-soft.com/wscc/index.php)は既にそうしています。

@ブルノカサリーニ – 実際にはない。 WSCCはSysinternalsとNirsoftでしか動作しません。自動化できない、シャットダウンや再起動などはしません;このスクリプトは_any_サイトで動作し、これらの2つに限定されません。

SET TargetDir = “C:\ Program Files(x86)\ Nirsoft \ NirSoft”のように表示されませんでした。

FILESは可能なコマンドとして解釈されましたが、無効なパラメータとして出てきました…おそらく両端のスペースのためです。

スクリプトを動作させるために短いPROGRA〜2を使用しなければならなかった

nirsoftのFTPが32ビットバージョンと64ビットバージョンのどちらを扱うかを知りたいのですが…私はEXEの最後に-x64を付加するnirlauncherメソッドを使用します

@Howard – スクリプトにパラメータをハードコーディングしている場合は、パスを引用符で囲んではいけません。

64ビット版では、ディレクトリスキャン機能はシステム上に存在するファイル名としか一致しません。そのため、64ビット版の別のダウンロードファイルがある場合(tool.exeはシステムにデプロイされていますが、tool-64.zipのURL経由で配布されます)、直接URLダウンロード機能を使用する必要がありますその特定のツールのために。

残念ながら、Nirsoftのパネルでは、64ビットバージョンを利用可能にすることさえしていません。おそらく、32ビットと64ビットの両方のファイル名が同じであるからです。

勝つためのwgetまたはrsync!

@Howardは、絶対パスを使用しないでください。これらの問題を引き起こす傾向があります。 「[ドライブレター]:\ Program Files(x86)\ Nirsoft \ NirSoft」の代わりに「%ProgramFiles(x86)%\ Nirsoft \ NirSoft」を使用してください。

@Doh – wgetは完全に機能していますが、Windows上では非常に乱雑です(5個のDLLが必要です、存在しないリモートファイル用の空のローカルファイルを作成するなど)。

@SatoMew – パスに環境変数を使用することができますが、バッチプロセッサは変数をそれぞれのパスに展開します。この場合、フルパスのハードコーディングと本質的に同じです。

@ Howardの問題の場合、彼はスクリプトファイルへのパスをハードコーディングし、ターゲットパスを引用符で囲んでいました。ハードコーディングのルートを直接スクリプトに入れる場合は、パスをSETコマンドで引用符で囲むべきではありません。

常設プレス衣類は化学的に処理された衣類で、しわに強く、その形状を維持しています(一部のスラックスの前に折れ曲がったようなもの);乾燥機の永久的なプレス設定は、衣類を永久に服用し、しわを減らします。