yumがカーネルを更新するのを防ぐ方法

プロダクションサーバを稼働させているときには、新しいアップデートが出るたびにカーネルをアップグレードする必要はありません。どうして?それが完了したら再起動が必要な唯一のLinuxアップデート操作であるため、実稼働環境ではダウンタイムが発生しないことがよくあります。

したがって、最終的にrpmベースのサーバーを安定して安全に設定できます。人生はいいですし、しばらく何もしなくてはいけないと思いません。

何らかの理由で、コマンドラインでrootとして実行します

#yum -y -d0アップデート

yumコマンドのすべてのプロンプトに対して肯定的な答えを出すだけです。できるだけ静かに走ることも起こります。今回はカーネルパッケージへのアップデートを含めることになりました。

そして今、物事は正しく働いていません。どのようにこれを防ぐことができましたか?

明らかに休暇が必要ではありますが、システムのアップデートスケジュール、ドキュメント(綿密で最新かつ容易に入手可能)、特にyumを制御する設定ファイルを再訪する必要があります。

しかし、まずカーネルをアップデートしたくないのはなぜですか?

なぜカーネルをアップデートしたいのですか?

カーネルを更新するには、あなたが上記のことをやってください。または、コマンドラインスイッチを削除して、更新プロセスを何らかの制御を行い、何が起きているのかを確認することもできます。走る

#yum update

プロンプトに従います。

しかし、盲目的にカーネルを更新したくない場合は、以下を/etc/yum.confファイルに追加することができます

exclude = kernel *

また、バニラ設定ファイルを使用してCLIを使用してすべてを制御したい場合は、

#yum -exclude = kernel * update

これらの方法はどちらも、カーネルが更新されないようにしたり、潜在的な更新リストに含めたりします。

2013年のシボレーインパラは、一度も自動車に普及していたフロントベンチシートを搭載した最後の米国車でした。