linuxでコマンドラインを使ってテキストファイルをすばやく作成する方法

あなたがキーボードの人なら、コマンドラインを使って多くのことを達成できます。たとえば、テキストファイルを作成するための使いやすいメソッドがいくつかあります(必要な場合)。

注記:この記事で何かをタイプし、テキストの周りに引用符があると言うときは、特に指定しない限り、引用符を入力しないでください。

テキストファイルを作成する最初の方法は、 “cat”コマンドを使用します。プロンプトで次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。 “sample.txt”をファイルに使用する名前に置き換えます。

cat> sample.txt

Enterキーを押すと、プロンプトに戻りません。代わりに、カーソルは次の行に置かれ、テキストをファイルに入力できます。テキストの行を入力し、それぞれの行の後にEnterキーを押します。完了したら、Ctrl + Dを押してファイルを終了し、プロンプトに戻ります。

ファイルが作成されたことを確認するには、プロンプトで次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

注:コマンドは小文字の “L”で始まり、オプション(-l)も小文字の “L”です。

ls -l sample.txt

以下に示すように、ファイルのディレクトリ一覧が表示されます。

“cat”コマンドは、ファイルの内容を表示するためにも使用できます。これを行うには、プロンプトで次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

cat sample.txt

ファイルの内容が画面に表示され、プロンプトに戻ります。

空のテキストファイルを作成する1つの方法は、右矢印(>)を使用することです。次の図に示すように、右矢印「>」を入力し、ファイル名を入力してEnterを押します。

ファイルが作成されたことを知らさずにプロンプ​​トに戻ります。前述のように “ls”コマンドを使用してファイルが存在するかどうかを確認できます。

“cat”コマンドを使用してファイルの内容を表示すると、何も表示されません。ファイルが作成されましたが、テキストは含まれていません。

ファイルにテキストを追加するには、Viを使用します。次のコマンドを入力して、Viでテキストファイルを開きます。

vi sample.txt

Viはコマンドモードで開きます。エディターにテキストを入力するには、小文字の “i”を入力して編集モードにします。テキストを入力してEscキーを押すと、コマンドモードに戻ります。 Viを閉じてファイルを保存するには、 “:wq”と入力してEnterを押します。

viを使用してテキストファイルを編集する方法の詳細については、初心者向けのガイドからViでのテキストファイルの編集までを参照してください。

この場合も、ファイルの内容を表示するには、プロンプトで次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

cat sample.txt

右矢印(>)を使用して空のテキストファイルを作成するのと同様に動作する別のコマンドは、「touch」コマンドです。次の図に示すように、 “touch”と続けてファイル名を入力します。

“touch”コマンドは、空のテキストファイルを作成します。 Viなどのテキストエディタを使用して、ファイルにテキストを追加します。

太陽の周りの地球の楕円軌道のおかげで、軌道の最も近い点と最も遠い点の間に310万マイル(500万km)の変動があります。