libreofficeで所有者とユーザーのパスワードで文書とpdfファイルを保護する方法

PDFファイルを保護するには、所有者のパスワードとユーザーのパスワードの2つの方法があります。それぞれの目的を説明し、それらをPDFファイルに適用する方法を説明します。

所有者(または所有者)のパスワードを使用すると、PDFファイルに権限を適用できます。たとえば、PDFファイルの印刷やページの抽出を許可したくない場合は、許可する内容を選択して許可せず、PDFファイルに所有者のパスワードを適用することができます。所有者パスワードは、マスターパスワードとも呼ばれます。これらの権限を変更することができます。

「ユーザー」(または「開く」)パスワードを使用すると、ユーザーはPDFを表示するためにもパスワードを入力する必要があります。正しいパスワードを入力しないと、PDFファイルは開かれません。

PDFProtectなどのPDFファイルを保護するためのオンラインサービスはいくつかありますが、機密文書にパスワードを追加する場合は、わからないサービスにパスワードをアップロードするのが快適ではないでしょう。したがって、このガイドでは、オフラインの最適なオプションに焦点を当てます。

Microsoft Wordでパスワードで保護されたPDFファイルを作成する方法を説明しましたが、これはユーザーのパスワードを追加するだけです。所有者のパスワードを追加するオプションはありません。私たちはいくつかの調査を行い、PDFファイルをオフラインで保護するための最良の選択肢は、無料のオフィススイートLibreOfficeです。 Microsoft WordまたはLibreOffice Writerの文書をパスワードで保護する方法と、文書からパスワードで保護されたPDFファイルを作成する方法を説明します。

注:この例ではWordファイルを使用していますが、LibreOffice Writerドキュメント(.odtファイル)でも同じことができます。また、LibreOfficeでPDFファイルを開くこともできます。 Writer、Calc、またはImpressにいる場合でも、LibreOffice Drawで開くことができますが、Drawでパスワードを保護する手順は他のLibreOfficeプログラムと同じです。詳細については、「ドキュメントを「パスワードで保護されたPDFファイル」を参照してください。保護されていないPDFファイルをパスワードで保護されたPDFファイルに変換します。

作業を開始する前に、LibreOfficeをダウンロードしてインストールするか、LibreOfficeをインストールしない場合はポータブルバージョンをダウンロードしてください。 LibreOffice Writerを開き、Wordファイルを開きます。ツールバーの[保存]ボタンの下矢印をクリックし、プルダウンメニューから[名前を付けて保存]を選択します。

[名前を付けて保存]ダイアログボックスで、保護されたドキュメントを保存する場所に移動します。この例では、元のドキュメントを置き換えます。保護された文書を新しいファイルとして保存する場合は、「ファイル名」ボックスにファイルの別の名前を入力します。ドキュメントをパスワードで保護するには、[パスワードで保存する]チェックボックスをオンにします。次に、[保存]をクリックします。

元のファイルを置き換える場合は、[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されます。ファイルを置き換えるには、[はい]をクリックします。

[パスワードの設定]ダイアログボックスでは、PDFファイルのユーザーパスワードと所有者パスワードのように、2種類のパスワードを指定できます。ユーザーがパスワードを入力して(ユーザーのパスワードのように)文書を表示するようにするには、「開くパスワードを入力してください」ボックスにパスワードを入力し、「ファイル暗号化パスワード」の下にある「パスワードを確認する」ボックスに入力します。ダイアログボックスの中央にある[オプション]をクリックし、[編集可能にするためにパスワードを入力してください]ボックスと[パスワードを確認する]ボックスにパスワードを入力します。ファイル共有パスワード。

注:ファイル共有パスワードは、Word文書ではなく、LibreOffice Writer文書でのみ機能します。ファイル共有パスワードを使用する場合は、上記の[名前を付けて保存]ダイアログボックスの[名前を付けて保存]ドロップダウンリストの最初のオプションであるa.odtファイルとして文書を保存します。

自動的に編集できるようにパスワードを入力すると、文書は読み取り専用モードで開きます。既定でパスワードを使わずに読み取り専用モードでファイルを開く場合は、[ファイルを読み取り専用で開く]チェックボックスをオンにして、[ファイル共有パスワード]の下のパスワードボックスを空のままにします。

[OK]をクリックします。

開いたパスワードを文書に適用した場合は、次回開いたときに開いたパスワードを入力するよう求められます。

ファイルがLibreOffice Writerドキュメント(.odt)であり、ファイル共有パスワードが割り当てられている場合、ドキュメントは読み取り専用モードで開きます。ドキュメントを編集するには、黄色いバーの[ドキュメントの編集]ボタンをクリックします。

ファイルを変更するには、ファイル共有パスワードの入力を求められます。

また、Word文書またはLibreOffice文書をパスワードで保護されたPDFファイルに変換して、ユーザーおよび所有者のパスワードを適用することもできます。これを行うには、文書を開き、[ファイル]メニューから[PDFとして書き出し]を選択します。

[PDFオプション]ダイアログボックスで、[セキュリティ]タブをクリックします。

ファイルの暗号化とアクセス許可には、最初は「オープンパスワードなし」(ユーザーパスワード)と「アクセス許可パスワードなし」(所有者パスワード)があります。これらのパスワードを設定するには、[パスワードの設定]をクリックします。

Set PasswordsダイアログボックスのSet open passwordで、PDFファイルの表示に必要なユーザーパスワードを2回入力します。 [Set permission password]に、PDFファイルの印刷、編集、コンテンツの抽出を禁止する所有者パスワードを入力します。 [OK]をクリックします。

注記:両方のパスワードを使用する必要はありませんが、セキュリティを強化することをお勧めします。 2つのパスワードのどちらか一方のみが適用されたPDFファイルは、両方のパスワードが適用されているものほど安全ではありません。 Planet PDFは、PDFファイルを保護する際に2つのパスワードが1つより優れている理由を説明しています。

[PDFオプション]ダイアログボックスに戻り、設定したパスワードのステータスが[パスワードの設定]ボタンの下に表示されます。権限(所有者)のパスワードを設定すると、ダイアログボックスの右側にあるオプションがアクティブになります。誰かが文書を印刷したり、文書に何らかの変更を加えたくない場合は、「印刷と変更」で「許可されていません」を選択します。印刷の種類と実行できる変更を制限したい場合は、[印刷と変更]の別のオプションを選択します。 PDFファイルからコンテンツをコピーしたくない場合は、[コンテンツのコピーを有効にする]チェックボックスがオフになっていることを確認してください。アクセシビリティのために、「アクセシビリティツールのテキストアクセスを有効にする」チェックボックスをオンにしておくことをお勧めします。 [エクスポート]をクリックします。

[エクスポート]ダイアログボックスで、パスワードで保護されたPDFファイルを保存するフォルダに移動します。 [ファイル名]ボックスにファイルの名前を入力し、[保存]をクリックします。

PDFファイルにオープン(ユーザー)パスワードを割り当てた場合は、次回開くときにそのパスワードを尋ねられます。

タイトルバーのファイル名の右側に「(SECURED)」と表示され、暗号化されたPDFファイルであることを示します。

PDFファイルに許可(所有者)パスワードを適用し、印刷を許可しない場合は、[ファイル]タブをクリックすると[印刷]オプションがグレー表示されます。

ドキュメントにオープンパスワードとアクセス権パスワードを追加する手順と、パスワードで保護されたPDFファイルにドキュメントを変換する手順は、LibreOffice Calc、Impress、およびDrawでも同じです。

虎の群は、むしろ適切には、待ち伏せとして知られている。