オフィス2013の開始画面を無効にする方法

Office 2013プログラムを開くと、使用可能なさまざまなテンプレートと左側の列に開いた最新のドキュメントの一覧を示す開始画面が自動的に表示されます。この画面が迷惑で、むしろそれを渡すとわかると、簡単に無効にすることができます。

これを行うには、レジストリを変更します。

注:レジストリを変更する前に、必ずバックアップを作成してください。何か問題が生じた場合にシステムを復元するために使用できる復元ポイントを作成することをお勧めします。

レジストリエディタを開くには、Windowsキー+ Rキーを押して[実行]ダイアログボックスを開きます。 「編集」ボックスに「regedit」と入力し、「OK」をクリックします。

[ユーザーアカウント制御]ダイアログボックスが表示されたら、[はい]をクリックして続行します。

注:ユーザーアカウント制御の設定に応じて、このダイアログボックスが表示されないことがあります。

次のキーに移動します。

HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Office \ 15.0 \ Common \ General

右ペインに表示されているDisableBootToOfficeStartというキーを探します。リストにない場合は、左側のツリー(または右側のペインの空白部分)のGeneralキーを右クリックし、ポップアップメニューのNew上にカーソルを移動してDWORD(32-ビット)サブポップアップメニューの値。

新しい値はデフォルトでNew Value#1と呼ばれ、テキストが強調表示されます。

名前をDisableBootToOfficeStartに変更し、ダブルクリックします。

[値のデータ]ボックスの値を1に変更し、[OK]をクリックします。これにより、すべてのOffice 2013アプリケーションの開始画面が無効になります。

表示される値は1に変わります。

特定のOffice 2013アプリケーションの[スタート]画面を無効にする場合は、目的のアプリケーションの[オプション]キーに移動します。たとえば、Wordの開始画面を無効にするには、上記のように、次のキーに移動し、必要に応じてDisableBootToOfficeStartキーを追加し、その値を1に設定します。

HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Office \ 15.0 \ Word \ Options

レジストリエディタを閉じるには、ファイルメニューから終了を選択します。

これらの変更を元に戻し、すべてのOfficeアプリケーションまたは特定のアプリケーションで[開始]画面を有効にするには、DisableBootToOfficeStart値を0に変更するか、値を削除します。

それは面倒ではありません、それはむしろ面白いです。私はどんなアプリの歓迎画面が好きです、それは私の一日を作る!

オプションウィンドウの最初の画面でレジストリを無効にできるとき、レジストリで再生するポイントは何ですか?

地磁気の北極から離れた磁北の磁極は年間約34マイル移動し、カナダの以前の位置から現在ロシアに向かっています。