マイクロソフトワードのテキストの大文字小文字を簡単に変更する方法

テキストの行を入力して、それが大文字と異なるはずであることを認識しましたか?改行をもう一度入力するのではなく、再入力せずにWord内のすべてのテキストの大文字小文字をすばやく簡単に変更できます。

Word文書のテキストの大文字/小文字を変更するには、変更するテキストを選択し、[ホーム]タブがアクティブであることを確認します。次に、[ホーム]タブの[ケースの変更]ボタンをクリックします。

ドロップダウンメニューから大文字の種類を選択します。以下の種類の資本化が利用可能です

大文字/小文字の切り替えは奇妙な選択肢のように思えるかもしれませんが、Caps Lockキーがオンで、Caps Lockキーの偶発的な使用を修正する自動修正オプションがオンでないことを認識せずにテキストを入力した場合に便利です。影響を受けるテキストを強調表示し、大文字小文字を修正するためにtoggle cASEオプションを使用することができます。

この例では、選択したテキストを大文字または大文字にします。

選択したテキストが、選択した大文字の種類に変更されます。

テキストを使用してキーボードを使用して大文字/小文字を変更する場合は、テキストを選択してAlt + Hを押して、[ホーム]タブをアクティブにします。 “7”を押して、Sの場合は “S”、小文字の場合は “l”(小文字のL)、大文字の場合は “U”、各単語を大文字にする場合は “C”、トグルケース。

テキストを強調表示したら、Shift-F3を押すとキャップのオプションが切り替わります。それはリボンを通過するよりもかなり簡単です… IMO!

ほとんどの鳥は4色であり、人間が見る3つのチャンネルの代わりに4つのチャンネルで色が見えます。この超色の視覚は、食物の収集と仲間の選択に役立ちます。